屋根の種類はいろいろあるようで、粘土系、スレート系、金属系などがあります。我が家は、粘土系を選びました。粘土系の平板瓦屋根です。平板のほかには、波型瓦もありました。

粘土系

平板瓦 セラムMF-Ⅰ
BlogPaint
カラーは、ストレートブラックにして、軒樋(のきとい)はグレーにしました!
粘土系の瓦を選んだ理由は、丈夫そうで、安心んだからです。実際、耐用年数は半永久です。塗装も必要ないといわれています。
書籍などの情報ですと、20年程度は退色しないので、色あせに対するメンテナンス(塗装)は特に必要なさそうです。ただし、他の屋根に比べると重量があるようで、耐震性を考慮する必要があるようです。

金属系

ガルバリウム鋼板(鉄板、アルミニウム、亜鉛、シリコンからなるメッキ鋼板)は、加工しやす施工性がよいため、複雑な屋根形状にも対応可能です。遮音性、遮熱性が弱いため、断熱材は、性能の高いものを選ぶ必要がありそうです。
耐用年数は素地で約40年くらいで、耐降性目的で塗装(美装目的)は20年に1回程度(フッ素樹脂塗装)といわれています。

スレート系


粘板岩の薄板のことで、屋根材としては、天然のものと繊維を混ぜたものがあるようです。
特記すべきは、価格が安く、軽くて薄く、耐候性、耐震性に優れているため、広く普及しているようです。ただし、塗装が剥がれや、色あせが苔の原因にもあるということで、10~15年に1回程度の塗装(美装目的)が必要になりそうです。耐用年数は30~50年くらいといわれています。

セメント系


セメントと砂から作った瓦です。樹脂塗料(アクリル系、水素系、フッ素系)より防水性を高めています。施工性の点で優れているのが、特徴になります。
15~20年に1回程度の塗装(美装目的)が必要になりそうです。耐用年数は約30~40年くらいといわれています。

まとめ


東日本大震災以降(3.11)軽量タイプの屋根材が人気で、選ばれる傾向にあるようです。実家の瓦屋根もいくつかあの震災で、落ちてしまいました。今回選んだ粘土系の瓦は、コスト高ですが、メンテナンスは半永久的に不要なので、その点では、塗装などの費用などは気にせずにすみます。
ただし、大きな震災などがあった場合は、心配な部分がありますが、昔の瓦と違って、ひとつひとつ、ビス止めされているようなので、1枚だけポロリと落ちてしまうことはないのでは?と思っています。
軽くて、長持ちし、メンテナンスも必要がないのが一番望ましいのですが、今回選んだ屋根が、我が家にとっては一番最適と考えています。

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』
早い者勝ち! あなたのお名前、残ってる?
家づくりやインテリア集
家づくりを楽しもう!
イケア
インテリアを楽しむ♪
住まいに関する情報が登録されています
 住まいブログ
カテゴリ毎に別ウインドウで開きます
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
人気ブログランキングが開きます

アンケートモニター登録